自分で治せる?包茎の種類とその治療法について

包茎は日本人の60%が該当すると言われています

包皮は亀頭を保護する目的があり、男性のほとんどは生まれつき被った状態にあります。成長の過程で、生殖機能を高める為、徐々に亀頭が露出する形で成長していきます。しかし、このとき亀頭が十分に成長せず、自然に包皮が剥けていく力が弱いと、亀頭が完全に露出しない状態で成長を終えてしまいます。これを包茎と言い、日本人は60%が該当すると言われています。しかし、この中でも、治療が必要なものと、そうでないものとがあります。

仮性包茎は治療の必要が無い場合もある

正常時には亀頭に皮を被っているものの、勃起時には皮が剥ける状態を「仮性包茎」と言います。これは、勃起時に手で皮を剥いて剥けるもの、勃起時に自然に皮が剥けるものも含まれます。また、正常時に自分で手を使って、剥くことが出来るのも特徴です。この場合は、自分で亀頭を洗浄することが出来るので、こまめに洗っていれば恥垢も溜まらず、衛生上問題はありません。また、性行為に及んだ場合に、痛みを伴わなければ、問題ありません。

真正包茎とカントン包茎

では、どういう状態であれば治療が必要とされているのでしょうか。大きく分けて2つの症状があります。一つは、正常時・勃起時ともに亀頭部分に皮が被っている「真性包茎」です。これは、勃起時に皮を剥こうとしても、包皮と亀頭がくっついてしまって剥けず、無理やり剥こうとすると痛みが伴います。加えて、包皮が常に被っている為、垢やカスが溜まりやすく、炎症・感染症のリスクが大きくなります。もう一つは、普段は亀頭を露出することが出来ても、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴い、亀頭が締め付けられる違和感を感じたりします。これは「カントン包茎」の症状です。どちらも放っておくと、正常な性行為が出来ないリスクがありますので、早めの診察をお勧めします。

包茎の悩みを解決するには、治療をする以外方法がありません。現在は痛みを抑えて治療をすることもできるので、悩みを解決できます。