空き地を利用しても出来る?太陽光発電の投資

更地にしている事で固定資産税額が多くなる?

土地は建物が在る場合と更地の場合では固定資産税の支払額が異なると言いますが、何らかの利用をすることで納税額も変わると言います。例えば空き地を利用して駐車場を作る、太陽光発電設備を設置するなどで土地を利用すれば税金が安くなると言う事です。駐車場の場合は満車にならないと収益を上げる事は出来ませんが、太陽光発電の場合は電力会社に全量買取りして貰う事で一定の収入が常に入る事になるなど投資にも最適なのですね。

農地から太陽光発電設備への移行

両親が農業を営んでいたけれど、両親が他界してしまい、農地の使い道が無くなった場合、農地を売る事で不動産所得を得る事が出来ますが、農地を手放すことなく発電事業を行う方法もあります。元々農地は日当たりが良い環境にあるため、太陽光発電設備を設置する事で高い発電効率で電気を作り出すことが出来ると言われています。農地として利用するためにはその都都度畑を耕す、堆肥を与えるなどが必要になりますが、農作物を育てるのと違い、太陽光発電は設備を導入する事で利益を作り出してくれると言うメリットを持ちます。

発電した電気は全てを売る事が出来ます

太陽光発電には全量買取りと余剰電力買取りの何れかを利用する事で電力会社に電気を売り、利益を得る事が出来るようになっていますが、太陽光発電による投資の場合は特定の場所にソーラーパネルを設置して、発電した電気全てを電力会社に買取りして貰う全量買取りが利用出来るようになっていると言います。自宅とは別の場所で発電事業を行う事が出来る、日中太陽の光が照射されている間は発電が行われ、電気を売る事が出来る状態を維持する事が出来ると言う事です。

太陽光発電は、ある程度の日照量と設置場所があれば誰でも始めることができます。設置した後は、燃料費用がかからないエコロジーな電力が得られ、余った電気は電力会社に売ることもできます。