従来の教訓からBCP対策に取りかかろう!BCP対策って何?

震災後に起きた倒産の事例からの教訓とは

従来の震災後の中には、再開できるにも関わらず多くの企業が倒産に遭いました。その主な理由は、再開までの時間が長くかかり、市場が他社へ奪われてしまったためです。震災だからと言いまして、取り引き先が再開まで待ってくれるとは限りません。もちろん、取り引き先の中には、別の企業へ取り引き先を変えた企業もあるのです。この様な教訓から、直ぐに事業が再開出来る様に対策を行うBCP対策の重要性に注目が集まっていますよ。これは、対岸の火事では無く、いつ何時、自社も同じ様な立場に変わるか分かりませんよね。

BCP対策で最も重要な燃料確保

震災に備えてのBCP対策で最も重要な内容は、燃料の確保だと言われていますよ。震災後は、企業のみならず、個人も燃料を求める人が増えるからです。燃料を調達しにくくなるのは、自社のみではありません。震災に遭った多くの企業も、燃料を求め初めますよね。街が復旧するまでの間、余儀なく事業を停止させてしまうと、市場の信頼を失いかねませんよ。燃料を確保しておけば、市場の信頼を失う事無く、事業の継続が可能です。これは、ただ継続できるのみならず、BCP対策を行っていた事に対しての企業価値を高める事も出来ますよね。

燃料確保の大切さは震災のみでは無い

私達が住む国の燃料は、海外からの輸入によって頼っていますよね。半永久的に必ず輸入が出来る保証はどこにもありません。私達が住む国へ燃料を輸出している国が戦争に巻き込まれば、輸入が一時的に止まってしまう可能性もあるのです。BCP対策を行い、一時的にも耐える力が残されていれば、市場からの信頼を残す事が出来ますよ。例えば、商品の値上げを余儀なくしなければならない企業と、一時的でも安さをPR出来る企業とでは、後者の方に軍配が上がる事もありますよね。最後まで生き残った企業は、多少値上げをしても、今までの努力から市場が値上げに対して認めてくれるかもしれません。BCP対策による燃料の確保は、生き残るための生命線です。

災害時に最も懸念されるのが、取引データ等、重要データの喪失です。堅牢なデータセンターに一括管理する、遠隔地にバックアップを取るなどのBCP対策が必要です