私生活において有名人はどのようにしてオーラを消しているのか?

自分の身を守るためにオーラを消すことが必要

有名人には有名税と呼ばれる苦労がつきものです。たとえば、自宅から近所のスーパーに買い物に行く場合、テレビに出ているのと同じようなスタイルで外出してしまうと、すぐに人に囲まれてしまいます。女性芸能人や男性アイドルの場合、ずっと後をつけられて盗撮されたり、あるいは自宅を突き止められるなど、ストーカー行為をされてしまう可能性もあります。そういったことを防ぐために、有名人はオーラを消すという対処をすることが多いです。

顔半分を隠せる不織布マスク

有名人が、端から見ていてすぐにそうだと気づかれてしまう理由として、オーラを発しているということが挙げられます。もちろん、オーラというのは可視化できるものではないですが、一般人にはない雰囲気を周囲の人に感じさせてしまうのです。では、オーラを消すために有名人たちはどのような対処を取っているのでしょうか。まず、多くの有名人が採用しているのがマスクをつけるというものです。最近の不織布マスクは顔半分を隠すほど大きいので、顔から発するオーラを隠せるんですね。

帽子をかぶることで髪型を晒さないようにする

また、マスクに加えて帽子をかぶるという組み合わせも多いです。女性芸能人の場合、ドラマの撮影やCMでのイメージなどを考慮して、長い間、同じ髪型にしている人も多く、その場合、髪型からばれてしまうということもあり得ます。そのため、帽子で隠すというわけです。そのほかに、シンプルなデザインの私服を着るというのもよく行われています。たとえば、Tシャツとジーンズなど一般人と変わらないファッションをすることで、自分を埋没させるのです。

山本英俊はパチコン機器メーカーフィールズ株式会社の会長であり、タレント山本優希の父であり、競走馬の馬主です。